インハウスローヤーの活躍

今後の企業法務の世界ではインハウスローヤーをどのように生かしていくのかが課題となってきます。最近の大手企業や中小企業でも特に契約内容などによって仕事が大幅に異なっている企業の場合には社内に渉外弁護士などのインハウスローヤーを雇用するケースが増えてきています。インハウスローヤーは法律家でありながら企業に雇用され、企業内での法務活動を行っています。会社法や商法などの法律知識を武器に様々な法律の問題を解決していくインハウスローヤーは契約内容が重視される業種では欠かすことができない職種となっています。

このような企業法務を充実させることで会社にとっては様々なメリットが発生します。例えば、企業内の法律的な指針がしっかりとすることで企業全体の動きに方向性が出来上がり企業指揮を執りやすくなります。現代企業の運営ではいかに企業の方向性を定めて動くかというのは避けて通ることができない問題です。このような法律による方向付けは企業経営のみならず、社員一人ひとりのコンプライアンス指向を高めることにつながります。コンプライアンスを徹底することにより法律に則った健全経営を推し進め、企業にとって非常に魅力ある運営ができるようになるのです。

企業法務には専門家が必要

企業法務をしっかりと行うためには企業法務の専門の部署を立ち上げる必要があります。企業法務は問題が起こったときに対処を行う部門というわけではなく、問題が起こる前に事前に防いだり、問題が起こらないような社員教育を行う部署でもあります。このような法律的な問題の予防と対処は非常に複雑な法律知識が要求されるので、企業法務の専門家には法学部出身者か法律系の資格保持者が選ばれる傾向があります。このため、企業で法律系資格の保持者が好まれているのです。

このような企業法務を立ち上げる際に問題になるのが会社内に法律系資格の保持者が不在となっている場合です。この場合には法律系資格の保持者を外部から招聘するか、提携をする必要が出てくるので、会社にとってはどのように法律知識を得るのかが大きな問題になります。よく用いられる手としては顧問弁護士の雇用です。顧問弁護士は顧問契約を結ぶことで定期的に弁護士と相談を行い、顧問先の会社の法律業務の手助けを行います。この顧問弁護士の利点は外部企業の状況や、他の企業での経験を生かした法務のアドバイスを受けることができる点にあります。また、顧問弁護士以外では渉外弁護士という企業勤めをする弁護士の雇用が一般的でしょう。

企業法務と企業活動

日本に限らず企業は様々な法律を生かした活動を行っています。法律をどのように活用し、どのように法律を運用するのかを理解することが企業法務の必須の事項で、企業間の契約や企業と個人との契約などでは法的な問題を事前に予測した対応を取ることが当たり前に行われています。このような企業法務は現在では企業内の法務部で行われていることが多いのですが、中小企業では法務部を設置することも難しくなることがあります。このような場合にも法律は企業を逃してはくれないので、企業法務の専門家を味方につけることが必要となってくるのです。

このような企業法務はもちろん企業間や企業と個人との間の契約・法務活動に限った話ではありません。例えば企業内のコンプライアンスの維持も企業法務の重要な活動です。企業の活動には労働基準法・労働関係調整法・労働組合法などの労働三法だけでなく、商品の売買契約に関係する民法・商法・手形法などの法律を考える必要が出てきます。また、会社の中の従業員と企業との意見が対立し、貴重な人材を失いかねなくなったときの問題解決も企業法務の重要な活動です。事前に問題を起こさないだけでなく、起こった問題への法的解決を考える企業法務は非常に重要な活動意義があるのです。

企業の活動において様々な問題を解決するためには企業法務の必要性や活用法を理解することが必要です。このページでは企業法務についての詳しい説明を行い、わかりやすく解決をしています。皆様のお役に立てれば幸いです。