インハウスローヤーの活躍

今後の企業法務の世界ではインハウスローヤーをどのように生かしていくのかが課題となってきます。最近の大手企業や中小企業でも特に契約内容などによって仕事が大幅に異なっている企業の場合には社内に渉外弁護士などのインハウスローヤーを雇用するケースが増えてきています。インハウスローヤーは法律家でありながら企業に雇用され、企業内での法務活動を行っています。会社法や商法などの法律知識を武器に様々な法律の問題を解決していくインハウスローヤーは契約内容が重視される業種では欠かすことができない職種となっています。

このような企業法務を充実させることで会社にとっては様々なメリットが発生します。例えば、企業内の法律的な指針がしっかりとすることで企業全体の動きに方向性が出来上がり企業指揮を執りやすくなります。現代企業の運営ではいかに企業の方向性を定めて動くかというのは避けて通ることができない問題です。このような法律による方向付けは企業経営のみならず、社員一人ひとりのコンプライアンス指向を高めることにつながります。コンプライアンスを徹底することにより法律に則った健全経営を推し進め、企業にとって非常に魅力ある運営ができるようになるのです。